データの上で婚活の相手を見つけず、必ず一度会いましょう

結婚のために婚活をしていると、結婚相談所から「こういう人はどうでしょうか」と紹介されたり、ネット系の出会い系サイトのような婚活サービスから「アナタにピッタリの人が見つかりました」というようなメールをたくさんもらったりするでしょう。これはその人の趣味嗜好と希望にあった人を見つけると言うことで見つかったら連絡をしてくるわけです。

つまりデータの上であなたとぴったりな人、希望に近い人が見つかったということです。しかしこのデータというのも使い方によっては便利ですが、あまりこればかりに頼らないほうがいいのも正直なところです。どうしてかといえば、データに頼りすぎることによって実際にぴったり合う人と会わないということもあるからです。

例えば優しい男性が好きという女性がいたとします。この時に優しいと正確に書いている人もいれば自分の性格に優しいと書いていない人もいます。しかし主観で見た性格と客観的に見た性格というのは違うもので、本当は旗から見るとすごい優しい人なのに、自分では自覚していないという人も少なからず存在します。そういう人をデータだけ見ていると取り逃してしまうことになりかねないのです。

ですからデータだけをすべて信用するのではなく、必ず会ってみることが重要です。データだけをすべて信用していると本当に自分にピッタリあった人と会えない可能性も高いのです。現に実際にデータ上でピッタリ会っているのに、実際にお見合いをしてみるとそこまで合う人じゃなかったと言う経験をしたことがある人は少なくないでしょう。

それだけデータというのは一応の参考にしかならないものなのです。データを参考にするというのは悪いことではないですが、できるだけ参考にするのであればデータだけではなく会った時の印象やフィーリングについて、考えたほうがいいと思います。フィーリングや直感のほうがデータよりも有用だったりするものです。自分でも気づいていない好みのタイプというのも会って初めて分かるものです。

婚活をするときになかなか一歩を踏み出せず、誰にも会わないままお金だけを払って辞めていくという人もいます。せっかく高いお金を払ってシステムに登録しているのですからいろんな人にあってみることをオススメします。データ上だけを眺めて「いい人がいないな」と思っているなら、そういう考え方はしないほうがいいでしょう。

結婚したら嫌でも顔を合わせないといけないのですから。ネットだけの関係で結婚することも出来ません。必ず会って、自分はどう思うかを考える必要があるのではないでしょうか。

slide

婚活で最も大事な行動はお見合いをたくさんすること!

結婚相談所やネットの婚活システム等を使っていて、一番大事なことというのはどれだけの人とお見合いをするかということだ。数をこなしていかないと、データだけを見ていてもカップルにもなれない。下手な鉄砲も数打ちゃ当たるので行動が重要。

slide

婚活は最後の砦ではない!早めにはじめるのが吉の理由

年齢が高くなっても最終的には結婚相談所が会って婚活をすればなんとかなると思っている人は男女ともに多いが、そんなことはない。統計を見ても成功確率は10%未満なので、早めに行動して若い人気のあるうちに行動した方がいい。

slide

年収のことを婚活の時に聞くのって失礼になるのか?

年収について婚活をしている人は聞いてはいけないんじゃないかと思っている人もいるようだが、必ず聞いておいた方がいい。これは男女ともに聞いておかなければ、カップルになって結婚し後の生活に大きな影響を及ぼすからだ。

slide

婚活パーティーに行ったら相手に必ず聞いたほうがいいこと

婚活パーティーで成功するために必要な質問というのはなにか?というとそれは今の収入と将来的な仕事に対する考え方、そして価値観が合うかどうかという質問だ。この2つを必ず聞いておけば良い結婚に繋がりやすいだろう。